夜中のゴミ出しはNG! カラスに狙われにくくなるゴミ捨てのポイントとは?

カラス敗北

カラスは一度ゴミをある場所を見つけると、何度も何度も同じ場所を訪れます。一度カラスに狙われてしまったら、カラスが諦めて来なくなるまで戦いは続きます。今回はカラスにゴミを狙われにくくするゴミの捨て方をご紹介します。

1)夜中のゴミ出しはNG! 回収の直前がベスト

ゴミの回収

カラスの朝は早く、夜明けの1時間前くらいには目を覚まし、行動を始めていると言われます。都心の繁華街で明け方にカラスを見かけますが、明け方には食べ物となるゴミが多いことをカラスは知っていて、朝早くからエサを集めるために行動しているのです。夜中のうちにゴミを出してしまうことは、カラスのエサを準備しておきました!と言っているようなものです。カラスの目につく時間をなるべく短くするためにも、なるべく回収の直前にゴミを出すのが良いでしょう。

2)生ゴミは新聞紙などで包んで見えないように

生ゴミを包む

カラスの目は人間以上に良く、好物の肉や果物などが透明なゴミ袋の中に入っている状態でも見分けることが出来るとも言われます。カラスにおいしい食べ物が入っていると気づかれないようにするために、生ゴミは新聞紙などで包んで見えないようにしましょう。

3)物理的にゴミ袋をさわれない状態にする

カラス敗北

カラスよけのネットを被せていても、カラスはくちばしを器用に使ってネットをめくり上げ、簡単にゴミをつついてしまいます。カラスがネットをめくり上げられないようにするため、ネットの周囲に重石を置いたり、カゴやボックス状のものでおおうのも効果的です。

カラスよけには専用のゴミステーションが効果的

カラスがゴミにさわれないよう、ネットの周りに重石を何個も乗せたり、自作のカラスよけカゴを作る人も多いようですが、カラスよけには専用のゴミステーションをおすすめします。「カラス対策.com」では、戸別回収用の小さなものから、大型のゴミステーションまでさまざまなタイプのゴミステーションをご用意しております。耐久性に優れた素材を用い、コンパクトに折りたためるアイテムも多いので、片付けや収納にも困りません。まずはサイトをチェックして見てください。

カラスネット_アイテム

>>カラスよけ専用のゴミステーションはこちら


カラス対策.com_ロゴ

運営会社:株式会社アイポケット
フリーダイヤル:0120-00-4448(平日 10:00〜18:00)
メールでのお問い合わせはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です